逆SEO対策ガイド

SEO対策とは

逆SEOの定義

SEOとはSeaech Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化を意味します。わかりやすく言えば、SEO対策は、ある特定のキーワードにおける検索順位の上位表示を目的とする施策です。逆SEO対策とは「サービス名」「商品名」「社名」「社長名」といった特定のキーワードで検索した時に出てくる悪質な「風評サイト」の順位を押し下げる施策のことを言います。

about02

「逆SEO対策ガイド」とは

逆SEOガイドは、企業のブランドイメージ・コンプライアンスのために、風評被害対策、誹謗中傷対策、逆SEO対策について適切な方法を調査診断し、実際に対策方法をコンサルティングする風評被害対策の専門サイトです。その対策実績は35,000ワードを超えています。

たとえば、インターネットで企業名やブランド名、個人名などを検索してみて驚かれることはないでしょうか。昨今、いわれのない誹謗中傷や風評が検索結果の1ページ目に表示されてしまうなど、目立つところに出ていることが増えております。

about01

その理由は、同業者からの嫌がらせ、マスコミによる誹謗中傷、辞めた社員の不満などさまざまではありますが、風評が検索上位に出てしまうと、多くの方からの誤解を招くことや、不安や不信等を与えてしまうことの原因にもなります。その結果、売上の減少や就職希望者の低下につながる恐れもあります。

逆SEOガイドでは、SEOの技術によってPRサイト・中立サイトなどの多くの方から見られることでメリットとなるようなポジティブなサイトを上位化させ、相対的に風評・誹謗中傷サイトを押し下げる、通称「逆SEO」と呼ばれるサービスを提供しています。

この方法は、検索エンジンのアルゴリズム変動によって技術的に非常に難しくなっており、実際に対策できる会社は少なくなっております。