逆SEO対策ガイド

逆SEO対策ガイド > サービス > 風評ブログ対策

風評ブログ対策

ブログで風評が拡散される。

誰もが無料で利用することができるブログの普及により、さまざまな情報が日々発信されています。そして、それらのブログ記事はあらゆる人々の目に触れ、記事を読む人も情報収集を楽しんでいます。
しかし、これらの情報は容易に匿名で発信できることから、風評や誹謗中傷へとつながり易くなっています。あるユーザーの書き込みが、それが事実ではないのにもかかわらず、企業の売り上げ減少や採用の機会損失の原因になってしまうこともあるのです。
また、こうした風評がほかのブログや情報発信媒体によってさらに広まり、瞬く間に被害が拡大していくこともめずらしくありません。一度傷ついてしまったブランドイメージは、簡単には回復させることができないので、このような風評被害にあった場合はただちに最適な対処をしなければなりません。

もしも風評ブログ被害にあったら・・・

インターネットで自分個人の名前や企業名を検索したことがある人も多いかと思います。その検索結果に個人や企業への悪意ある書き込みがされているブログサイトが表示されてしまったら、他人や顧客の目に触れる機会も多いでしょう。さらにブログ記事に書いてあることがほかのブログや掲示板に転載され、いくつかの風評サイトが検索結果に表示されてしまうことも考えられます。
このように被害が拡大してしまう前に、最適な方法で対処する必要があります。さらなる転載で風評が拡散される前に対策をし、被害を最小に食い止めましょう。具体的な方法としては、ネガティブな風評記事の削除、もしくは目につかない順位まで押し下げる逆SEOの手法があります。
風評記事は削除してしまえば人の目につくこともなく、それ以上の拡散もされなくなりますが、削除するにはいくつかの問題点もあります。また、逆SEOによる風評ブログの押し下げを行うことによって、サイトを完全に削除をしなくても人の目に触れにくくすることで被害を抑えることができます。

ブログ記事の削除依頼をしましょう。

ネガティブな風評が書き込まれたブログ記事を見つけた場合、最初に行うべきことは記事の削除です。削除が完了すればその記事が人目に触れることはなくなりますし、さらなる被害拡大も防ぐことができます。個人でブログ運営会社やサーバー会社に削除依頼することもできますが、これは意外と手間と時間がかかる作業になります。このような手間を省き、最適な削除依頼を行うために、逆SEO対策ガイドまでご相談いただくことも可能です。
個人で行う場合はまず、誹謗中傷の書き込み内容を確認し、URLを控えます。該当ページをプリントアウトするなどして保管しておくのも良いでしょう。その上で、ブログの運営会社や管理者に問い合わせ、削除依頼をします。メールには、記事のURL・違反内容・削除理由を記述する必要があります。ブログサイトによっては、削除依頼をした場合の対処方が明記されているものもあるので、事前に確認しておくのがよいでしょう。
しかし、こうした手続きをとってブログの管理人に削除依頼を申請しても、企業や団体に対する誹謗中傷などは「言論の自由」により削除を拒否されてしまうことや、管理者と連絡がとれずに問題の記事が長期にわたって掲載し続けられ、さらなる風評の拡散につながってしまうこともあります。さらに、管理者によってはその風評を信じ込んでしまっていて削除に応じない場合や、削除依頼を受けたことでさらなる誹謗中傷を行う可能性も考えられます。削除依頼は、成功すれば風評被害を食い止める最善の策ではありますが、そのハードルは非常に高いものとなっているのが現状です。

逆SEOによるサイトの押し下げも効果的です。

問題になっている記事の削除依頼に応じてもらえなかった場合や、削除に時間がかかり風評が拡散されてしまう恐れがある場合は、逆SEOで問題のネガティブ記事を人目につかない順位まで押し下げ、検索結果に表示させないようにする手法もあります。
もちろん、風評となる記事は削除できるに越したことはないのですが、前述のようにブログ記事の削除を成功させるのは難しいといえます。そこで、逆SEO対策ガイドでは個人や企業にとってマイナスにならないような記事や、逆に個人や企業にとってプラスとなるような応援ブログやサイトを作成し、更新とSEO対策でそれらのポジティブサイトを押し上げることでネガティブ記事の検索順位を後退させることができます。このような方法は決して簡単なものではありませんが、成功率は高いといえます。

逆SEO対策ガイドでイメージアップも。

逆SEO対策ガイドなら、ただ記事を削除するだけでは得られない思わぬ効果を期待できます。たとえば、上位化させる記事に企業のブランドイメージアップにつながるような内容を盛り込むことができます。このように逆SEO対策ガイドでは、企業のイメージをマイナスからゼロにするのではなく、プラスにまで持っていき、イメージアップ・売上アップさせることが望ましいと考えています。 風評にお困りの際は、ぜひ一度逆SEO対策ガイドにご相談ください。